坐骨神経痛

坐骨神経痛とは


坐骨神経痛とは症状名のことです。
「坐骨神経痛」の名前が示すとおり坐骨神経が圧迫されることによって生じる「神経痛」を総称して坐骨神経痛と言います。


下記のような症状が坐骨神経痛の特徴的なものです。

  •  いつもお尻に痛み、しびれがある
  •  長時間歩くと腰が痛くなる
  •  重いものを持ち上げると、お尻に痛みを感じることがある
  •  腰(身体)を動かすと足の痛みが激しくなる
  •  寝ている時腰が痛くなり姿勢を変えずにはいられない
  •  足が痛くて引きずるようにしないと歩けない
  •  安静にしていても、お尻や足が激しく痛んで眠れない

坐骨神経痛は、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアのように極端な激痛が襲ってくることがあまりないことや、我慢できない痛みではないという症状が、坐骨神経痛を負っている人を病院から遠ざけ、限定的な動きをした時だけ痺れたり何だか気持ち悪い感覚が続くといったような症状だからこそ逆に油断してしまい、診察を遅らせ症状を悪化させてしまうといったような悪循環をもつくってしまうこともあります。


自分でできる坐骨神経痛の解消法


主に、腰痛体操があります。しかし、無理せず出来る範囲でゆっくり行いましょう。 また、それぞれを1日5セットまでとしてください。

 腹筋を鍛える訓練

仰向けになり両腕を頭へ乗せ、膝を曲げあごを引き上体を少しだけ起こし、5秒間静止


 太もも裏のストレッチ

仰向けになり膝を立てて伸ばす。伸ばしたら5秒間静止(左右の膝で1セット)


 背筋を鍛える訓練

うつ伏せになり、肘をついたまま背中を反らし、5秒間静止



Copyright(c) 2015 physis整骨院 All Rights Reserved.